お知らせ

2018.07.15
ドリームカップ 最終日速報&最終結果

お知らせ

2018.07.14
第21回ドリームカップIN北九州 初日速報

お知らせ

2018.07.13
ドリームカップへ さつき・真嘉比・安謝・牧港 元気に出発!

お知らせ

2018.07.12
那覇地区ミニバスケットボール5年生大会

お知らせ

2018.07.08
第30回那覇地区夏季大会 最終日速報・集合写真

 

 

那覇地区ミニバスケットボール連盟規約

第1章 名 称

 第1条  本連盟は、那覇地区ミニバスケットボール連盟と称する。

 

第2章 目 的

 第2条  本連盟は、那覇地区におけるミニバスケットボールの競技の普及・
      発展を計るとともに、競技を通じ児童の健全な育成に寄与する
      ことを目的とする。

 

第3章 事 業

 第3条  本連盟は、目的を達成するため次の事業を行う。
                 1.交歓ゲーム、競技大会の開催
                 2.講習会(審判講習会等)の開催
                 3.その他本連盟の目的達成に必要な事業

 第4条  事業年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。


第4章 組 織

 第5条  (1)本連盟は、那覇市・浦添市・久米島町・南大東村・北大東村の
                          公立小学校単位(男女別、1校1チーム)で、日本バスケット
                          ボール協会、沖縄県ミニバスケットボール連盟に登録した
                          チームで組織する。
            (2)児童のチーム移籍について、本連盟は転校(移籍)から
                           3ヶ月間 (90日間) は本
連盟主催・主管する大会への
                           出場を原則 認めない。

                   ※尚、新年度・登録期間中(年度新規登録)の移籍については
         罰則を適用しない。
 

 第6条   本連盟に加盟したチームの児童は、JBA登録・スポーツ安全保険に加入
       しなければならない。

    
第5章 役員及び機関

 第7条(1)本連盟に、次の役員及び機関を置く。
       会長      1名
       副会長         若干名
       顧問      若干名
       理事長       1名
       副理事長      若干名
       事務局長      1名
       副事務局長   若干名
       会計            若干名
       監事(監査)   2名
       専門理事     必要な人数
             (長・副長・スポ少担当者もこれに就く)
             (総務・広報・式典・競技・審判・ブロック・スポ少担当)
       上記 会長から専門理事までを当連盟の「理事」と称する。

 

       専門委員  必要な人数
       評議委員  各チームの保護者会長

 

    (2)会長、副会長、理事長、副理事長、事務局長、会計、監事(監査)
       専門理事をもって理事会を構成する。
    (3)専門委員をもって専門委員会を構成する。
    (4)評議委員をもって評議委員会を構成する。

 

第6章 役員の専任及び任務

 第8条  会長は、理事会で推薦、決定し、評議委員会に報告する。
               会長は、本連盟を代表し、会務を総理する。

 

 第9条  副会長は理事会で推薦し、会長が委嘱する。
               副会長は、会長を補佐し、会長に事故がある時はその職務を代行する。

 第10条 顧問は本連盟の前会長、又は、本連盟の功労者等の中から、
               理事会推薦、決議し、会長が委嘱する。
               顧問は、会長及び理事会の諮問に応ずる。

 第11条  理事長は、理事の互選により選任し連盟の実務を総理する。

 第12条  副理事長は、理事長の推薦により理事会の承認を得て会長が委嘱する
               理事長を補佐し事務局・専門部に助言する。

 第13条   事務局長、副事務局長及び会計は、理事長推薦により理事会の
               承認を得て会長が委嘱する。本連盟の事務を処理する。

 第14条 監事は、理事会の推薦により会長が委嘱し、連盟の会計を監査する。

 第15条 専門理事は、理事会で推薦決定し会長が委嘱する。
        専門委員は、専門部長が推薦し会長が委嘱して専門部の実務を遂行する

 第16条   評議委員(各チーム保護者会長)は、会長が招集した総会において
               チームを代表して参加する。

 

第7章 役員の任期

 第17条  本連盟の役員の任期は2年とし、留任を妨げない。役員に欠員が生じた
      際は、速やかに補充する。

 第18条  特例として評議委員のみ1年とする。

 

第8章 会議

 第19条  本連盟は、次の会議を置く
      1.理事会
      2.専門委員会
      3.評議委員会

 第20条  理事会は、理事の事務執行上必要と認めた都度、理事長の招集により
       開催し、理事長が議長の任にあたり議事の具体的な運営方法等について
       審議決定する。議事は出席者(委任状を含む)の過半数をもって決する

 第21条  専門委員会は、各専門委員長の招集によって開催し、専門的に必要
                な事業を行う。

 第22条 評議委員会は、会長の招集により毎年4月に開催し、前年度の事業
               決算の報告を承認する。並びに役員改選及び当該年度の事業計画、
               予算・その他の重要事項を承認する。
       
同会は、理事長が議長の任にあたる。議事は評議委員の過半数の
       出席
(議長への委任状も含める)により成立する。
       
可否が同数の場合は、議長にその決を委ねる。

第9章 会 計

 第23条  本連盟の経費は、加盟チームの登録料・各競技大会の参加料・
       寄付金及びその他の収入を以って充てる会計年度は、
       毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
       監査を受け、評議委員会で収支を報告する。

 

第10章 賞 罰

 第24条   会員または本連盟関係者の功績が、本連盟の目的に対して
               顕著と認められた時は、特に定められた規定の基で、これを
               表彰する。 (表彰規定参照)

 第25条 会員である児童(選手)の健全な育成と連盟の秩序を守るため、
               指導者(代表者、スタッフ等)及び全てのチーム関係者に次の行為
               があったと認められたとき、
               『日本ミニバスケットボール連盟倫理規定』に基づいて
罰則を与える
               ことができる。


               1.指導者の子どもに対する暴力行為(言葉を含む)があったとき。
               2.その他、選手の育成に対し、明らかに不適当な行為があったとき。
               
3.連盟の秩序を乱す行為に及んだとき。
               
4.提出書類について、重大な誤りを犯したとき。

 第26条  罰則の内容についても『日本ミニバスケットボール連盟倫理規定に基づい

      て、理事会で審議し決定する。

 

第11章 慶 弔

 第27条  本連盟の慶弔にかかる一切についての基本事項を定める。(慶弔規定参照)

    

 

付 則

 第28条 この規約は、2014年4月1日より実施する。
  第28条 この規約は、2014年11月1日より実施する。
 第28条この規約は、2016年4月13日より施行する。

那覇地区ミニバスケットボール連盟 表彰規定

第1条 目 的

この規定は、那覇地区ミニバスケットボール連盟(以下「本連盟」という。)の
発展のために顕著な功績をあげた者を表彰し、その功績を称えるためのものである。
そのために表彰基準を明確にするものである。

 

第2条 表彰の種類

表彰の対象は、本連盟の発展に功績のあった以下の個人、または、団体とする。
(1)本連盟の理事、またはそれに準ずる者。
(2)本連盟に所属するチームの指導者。
(3)本連盟の発展に寄与した個人又は団体。
(4)本連盟の発足時からミニバスケットボール普及発展に寄与した者

 

第3条 推薦基準

(1)永年功労表彰
  ①本連盟の会長、副会長、理事長として通算5年以上となる者。
  ②本連盟の理事として通算10年以上になる者。
  ③本連盟の協力員として通算15年以上になる者。
  ④本連盟発足時から連盟発展に尽力された者 及びミニバスケットボールの
   普及発展に寄与された者。
   尚、この表彰は職を退いた時に行うものとする。
   ④に該当する表彰については、遡って随時検討する。

 

(2)指導者功労表彰
  ①チームの指導者として、永年相当の功績をあげた者や、普及発展に寄与した者で、
   理事から推薦を得た者。
   この表彰は、1回限りとする。

 

(3)団体表彰
  ①県大会・九州大会・全国大会において優秀な成績を収めたチーム及び指導者を
   表彰する。
  ②本連盟の事業活動を理解されミニバスケットボール普及発展に大きく寄与した
   連盟に属さない団体(企業含む)を表彰する。

 

第4条 表彰の決定及び方法

 1.表彰の決定及び方法は、理事会において該当者を推薦し、審査決定する。
 2.永年功労表彰の推薦は、会長が推薦することができる。
 3.表彰は、毎年の評議委員会 若しくは式典にて表彰する

 

附 則

 本規定は、2014年4月1日から施行し、これ以前の慣例等はすべて削除する。
  本規定は、2016年4月1日より施行し、これ以前の慣例などはすべて削除する。

那覇地区ミニバスケットボール連盟 慶弔規定

第1条 目 的

 この規定は、那覇地区ミニバスケットボール連盟(以下「本連盟」という。)の
 慶弔にかかる一切の基本事項を定め、以ってその円滑、且つ適正な運営を目的とする

 

第2条 適 格

 この規定の適応を受けるものについては以下に定める。
  (1)本連盟会長、副会長、顧問、理事長
  (2)本連盟に功労があり、理事会で承認された者

 

第3条 慶 事

 2条に規定する者の慶事については、以下に定める。
  (1)国または地方公共団体から叙位叙勲褒章等を受ける場合は、
     速やかに理事会を開き、祝い金、祝電等、本連盟の対応を協議する。

 

  (2)(財)日本バスケットボール協会、日本ミニバスケットボール連盟、沖縄県
     バスケットボール協会、(財)日本体育協会、(財)沖縄県体育協会、
     日本スポーツ少年団本部等から、もしくはバスケットボールに関する行為に
     より褒章を受ける場合は、速やかに理事会を開き、祝い金、祝電等、本連盟の
     対応を協議する。

 

第4条 弔 事

 2条に規定する者の弔事については以下に定める。
  (1)本人が死亡したとき。
     香典(1万円)、供花(1対)及び弔電
  (2)配偶者が死亡したとき。
     香典(1万円)、供花(1対)若しくは弔電
  (3)2条に規定する者の実父母、実子が死亡したとき
     香典(1万円)、供花(1対)若しくは弔電

 

第5条 連 絡

 第3条、第4条に定める事項があった場合は、関係当事者は必ず、理事長に
 連絡しなければならない。
 理事長は速やかに事務局長に繋ぎ、理事会構成員に連絡しなければならない。

 

第6条 その他

 慶弔以外で社会通念上必要とされることが起きた場合は、速やかに理事会を開催し、
 協議決定しなければならない。

 

附 則

 この規定は、2014年4月1日より施行し これ以前の慣例等はすべて削除する。
 この規定は、2015年1月29日より施行し これ以前の慣例等はすべて削除する。